徳島で自動車の事ならFateでしょ!

徳島で自動車の事ならお任せ下さい。新車・中古車販売から車検・改造公認車検、改造やカスタム・ドレスアップの事も解決いたします。

徳島で車検をしたいのですがどこが安いですか?

徳島で車検をしたいのですがどこが安いですか?

どうも、休日出勤の原田です。

『マイベストプロ』にも書かせていただいた記事です。

【車検】
それは田舎暮らしの人には必ずある嫌なものですよね。
しかし、この自動車に乗るには絶対必要な【車検】に対して考え方を変えてほしいんですよね。
税金と同じで必ずしないといけないから、なるべく安く抑えたい。その気持ちもわかります。
でも自動車の管理には命がかかっているのをわすれないで下さいね。

逆に聞きます。
【車検時に支払う料金】
    or 
【その車に乗ってる期間(10年乗る気なら10年間)の維持費】

どちらが安い方がいいんですか?


車検についてお話ししますね。
車検の内訳には下記が基本になります。

・重量税
・印紙

この3つはお国さんが税金のように取っていく費用なんですね。
そしてここからはお店によって変わるんですね。

・車検基本料
・点検整備料

この2つの項目で車検費用が決まるわけですが、車検基本料には陸運局に行く代行費用が含まれていたりします。
点検整備料は法定24ヶ月点検を含んだ料金が多いですね。

もう気づいた人もいますよね。
そうです。この2つの料金が安いと点検整備してもらえるのが基本の24ヶ月点検だけになる可能性が大きいんです。しかも悪徳車検屋だと点検もしないで24ヶ月点検シートにチェックを入れてそのまま納車するお店もあるらしいんです。
冷静に考えてくださいね。

24ヶ月点検は画像のようにたくさんチェックしないといけないんです。

担当する整備士の時給が現在の徳島県最低賃金計算の\679だとします。
画像の24ヶ月点検をキチンとやって陸運局に行ってたら丸一日かかります。
という事は、\679 × 8時間 = \5432

それに代車を貸し出すとしたら代車の償却費、洗車をするとしたら洗車にかかった時給。
水道・光熱費、道具・工具の償却・・・
整備士が最低賃金なわけないので、本当の費用はもっと高いですよね。

この計算を元に一日一台こなすとして、一台\10,000の利益では社員一人分の給料で消えてしまいますよね。

じゃぁなぜ車検屋さんはそんな安い値段で出来るの??

これ以上は創造にお任せします。答えはひとつしかありません。

車検とは何をやってるの??

車検というものは、検査が通ればいいので今現在故障していなかったら修理する必要はないんです。
音がおかしいな・・・と思っても修理してしまうと車検が高くついたように見えちゃうので直さない。

この考えは間違いでもないんです。国の方針がおかしいんです。
陸運局のレーンだけ通れたらいいんです。それが国のルールなんです。
ようするにユーザーの命の事なんて国は考えてないんですよ。
でも車検ていうのはそういうものなんです。

実際エンジンが不調でも車検は通るんです。
でもエンジンが不調なんてベテランの整備士なら音で気付くハズなんですよね。

じゃぁなぜ気付いて直さないの??
疑問ですよね?!

それは車検が安いという事で来たお客さんに修理をしてしまうと、「安いから行ったのに高かった」と言われるでしょ?
まぁ言うお客さんも悪いですがね。

車検は安く見せる為に同時で直すと高く見えるので工賃を安くしないといけない。しかし車検が安くて利益が薄いから修理はキッチリもらいたい。
だったらそのまま納車して走行中に壊れてくれたら、レッカー代も出張代ももらえて、そして修理費はキッチリもらえる!という発想ですね。

車検での1万円の利益よりレッカー代+出張代で6万や7万になるからね。
経費もガソリン代と人件費が数時間。

そんな経験ある人いるでしょ?!

(ちなみに当店はレッカー引き取り料は車検をしてくれた場合、無料です)

どっちが儲かるか誰でも分かりますよね。

言ってしまえばお客さんの事なんて何も考えてません。
まぁ目先の安さに動いているお客さんもお客さんですがね。


当店の車検は安売り合戦に参加しません。

だってお客さんの為にならないから。

車検が安くついても後で故障して引き取り費用や出張費用がいるって方が高くつきます。
キチンとした点検整備、保証、アフターサービス、顧客管理、代車、洗車清掃。
安心・安全を提供するにはどれも手を抜けないんです。

他店と違うやり方で安心・安全を提供しています。

当店では車検・整備に関しては提携会社を二社使っています。
なぜだと思いますか?

一社で車の全てをやろうと思うと設備にお金がかかります。
設備費用も回収しないといけないのでお客さんに請求する金額が高くなります。
なので当店で車検や整備をやってるとかかった人件費や経費などの費用がそのまま請求するようになります。

それをベテランの修理屋さんと組む事で当店では車検時に使用する設備以外の部分にスポットをあて、最新の設備を優先に導入しています。
年間でその提携会社に依頼する事で一台あたりの基本費用を下げてもらい、そしてベテランの技術で検査点検を行う。
最終的には当店で12ヶ月点検には無い、本当に日ごろに関係する燃費向上・パワー・エアコン関係の点検を行います。

・ベテラン修理工場 (車検・点検・整備)
     +
・最新設備点検(日常に関係する整備・点検)

二重で点検・整備をする事で安心・安全な点検整備ができ、本当のトータルでコストダウンを実現しています。

なぜ二社提携するのか。
それは会社によってノウハウが違うんです。
こっちの会社はこういうのが得意。そっちはコレが得意。
提携する事で『原因不明』と終わることがありません。

3社にそれぞれ得意分野があり、それでお客さんの大事な車を徹底して管理しています。

お客様の声を読んでいただくとわかるように、当店のお客様は安心を買ってくれています。

一般の修理工場では気にしない点や本当の使用状況に合わせたメンテナンス整備。



※ 今回の内容は僕の15年間に知ってきた内容をもとに書いています。全ての修理工場が上記のような会社ではありません。
しかし、こういうやり方をしている会社がたくさん存在しています。
判断は最終、ご自分です。
目先の安さに惑わされないように下調べをして依頼することをおススメします。

よく全国チェーンだからとかディーラーだからとか聞きますが、中身は地元の人間の集まりです。
ディーラーもフランチャイズだという事を知っておいて下さい。
そして、チェーン店・ディーラー其々の良いところを見て付き合いしましょう。
それが当店の提供する【カーライフプランニング】に役割です。